億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。そして未来について考えるブログです。

2030年の世界はこうなる!フランスの超天才が予測

こんにちは、ふるきちです。

 

日々目まぐるしく変化していく時代、未来を予測し誰よりも早く動いた人ほど生きやすくなった。

 

インターネットとスマホの進化で情報格差は狭まった。

「知らなかった」=「興味がなかった」だけ。

情報格差が狭まる一方、自己責任が重くのしかかる。

しかし見方変えれば、常に未来を予測して行動し考えていれば誰よりも一歩抜きん出ることができる、良い時代になった。

 

個の力が試される。

ワクワクするぜ。

 

さて、フランスの超天才、ジャック・アタリ氏が著書『2030年ジャック・アタリの未来予測ー不確実な世の中をサバイブせよ!』で、大胆かつ緻密に2030年の世界の姿を予測した。

 

「フランスの超天才」が予測する2030年の世界 | 先端科学・研究開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

科学技術の進歩であらゆるモノがインターネット繋がる。

その数1500億個。

身の回りにあるモノ、日常品が互いにインターネットで管理され、数十億人の人々インターネットが接続されると予測される。

2025年、これらは約440兆円から1200兆円の市場規模が予測される。

これは世界のGDPの7.5~21%に相当する。

 

そして、私が特に驚かされたのはこれ。

 

3Dプリンタが産業界ならびに一般家庭に浸透するだろう。3Dプリンタの世界市場は、2013年の30億ドルから2025年には152億ドルの規模にまで達する見込みだ。産業界では、3Dプリンタの導入により、一部の製造現場は先進国に回帰し、一般家庭ではカスタマイズしたモノがつくられるようになる。

 

たとえば、日曜大工に必要な部品や道具、衣服、食器、家具、楽器、工芸品、さまざまな人工臓器などだ。ヨーロッパの宇宙旅行社は、2030年に月面で3Dプリンタを使って月の表土から宇宙基地をつくろうとさえ計画している(月面には隕石のチリが大量にある)。

 

3Dプリンタの存在はもちろん知っているが、まさか衣服や楽器までもが複製できるとは思わなかった。

 

いったい衣服を一般家庭の3Dプリンタで製造するってどういうことなんだ。

しかも工芸品まで一般家庭のプリンタで作っちゃったら工芸品と言えるのだろうか。

 

ましてや宇宙基地まで3Dプリンタで作っちゃうの?

 

3Dプリンタの進化でなんだか世界は無機質なモノで溢れそうだ。

こういう時代だからこそハンドメイドが重宝されるのかも。

 

5年前に今を予測できなかったように2030年もどうなるかわからない。

だけど、予測、想像、妄想するのは楽しい。

いったい未来はどうなるんだ。

 

ほんと生きてて楽しい。

 

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』西野亮廣

魔法のコンパス 道なき道の歩き方西野亮廣

 

お金を稼ごうとすると、どこから手をつけていいのか迷うけど、信頼の面積を広げるという風に考えると霧が晴れる。

 

こんにちは、ふるきちです。

 

キングコング西野の名著中の名著。

 

斬新な切り口で多分野に進出し1つにまとめてるとこがすごい。

 

どの章も紹介したいけど、今回は一番勉強になったとこだけ紹介。

 

冒頭の引用文は、自分の価値(信用)を面積で例えている。

 

(本書のこの章は、藤原和博著『必ず食える1%の人になる方法』の紹介で展開している)

 

前提として、"1万時間の法則"という言葉がある。

誰でも1万時間かければ『100人に1人』になれる。しかし、100人に1人程度では生活できない。

 

そこで、『100人に1人』の能力を3つ作るのだ。

例えば、Aという能力が『100人に1人』になったら、別の分野のBの能力を『100人に1人』にする。

 

そうすれば、

100分の1×100分の1=1万分の1

の存在なれる。

 

AとBを結べば線になる。

そして、さらに新しいCの能力をつくることで面積になるのだ。

 

100分の1×100分の1×100分の1=100万分の1

 

100万人に1人になれば超レアな存在だ。

ここまで来たら競合他者はいないだろう。

完全オリジナル、貴方だけの市場だ。

 

で、大事なのはA、B、Cの点の距離は遠いほうがいい。要はそれぞれ全く違う分野のほうが価値(信用)の面積が大きくなるのだ。

 

広く浅い人よりも深い分野を3つある人が重宝される。

もちろんA、B、Cは自分が好きなことである方が習得のスピードも早い。

A、B、Cが見つからない人は見つかるまで広く浅く手当たり次第やっていこう。

 

この本を読んで、信用の面積、は大変参考になった。

 

自らが発信する情報で人脈をつくる-『年収1億円稼ぐ!脳の磨き方』苫米地英人

『年収1億円稼ぐ!脳の磨き方』苫米地英人

 

こんにちは

Twitter

『Kawaiinews(@kawaiigirlsnews)』管理人

のふるきちです。

 

今回は以前紹介した『年収1億円プレーヤーの仕事哲学』

の続編の紹介です。

 

www.furukichizm.jp

 

今回も内容が濃かったので、正直、どこを紹介しようか迷いました。

 

自らが発信する情報で人脈をつくる

 

私はブログを始めて20日くらい経ちます。

多くの方のブログの読者になりましたし、多くの方に読者登録をしていただきました。

 

 

私が多くの方のブログ読者になった理由は、そのブログの情報が私にとって重要だからです。

また、私のブログを読者登録をして頂いた理由は、おそらく私のブログの情報がその方のお役に多かれ少なかれ立っているからだと思います。

 

端的に言えば、

情報によって新しい人との繋がりができました。

 

自分に必要な人脈や情報は自ら発信して得る

 

一時期、『異業種交流会』という言葉が流行りました。

異業種交流会に参加する目的の多くは、人脈を増やすこと。

しかし、誰がどんな情報や人脈を持ってるかは一目ではわかりません。

また、ものの数分話しただけで重要な情報や人脈を紹介していただけません。

 

一方、ブログは人それぞれ好きなことや興味があることを発信しています。

その情報を見つけ出すことでその人と繋がり連絡を取ることが出来ます。

 

ブログは異業種交流会より情報や人脈を築きやすいのです。

 

情報発信の方法は大きく分けてふたつあります。

①自分にしか発信できない情報を持つ(作家型アプローチ)

②相手がすでに持っている情報を別の解釈で返す(カウンセラー型アプローチ)

 

ブログは主に①の作家型アプローチです。

この方法は「1対多数」のコミュニケーションで不特定多数の受け手が存在します。

 

それでは、どのようにして②のカウンセラー型アプローチになるか。

 

最初のきっかけは待つことしかありません。

ブログで情報を発信し、メッセージやコメントなどで「1対1」のコミュニケーションとなる。

それで相手方から「もう少しお話を聞かせてください」となってようやくカウンセラー型アプローチに発展。

 

しかし、相手が要求している情報を与えてるだけでは人脈は広がりません。

 

相手の話をよく聞いて、本人には見えてない部分を発見すること。

そうやって高い視点から相手の情報を見ることで、新たな提案や人脈を紹介するのです。

 

必要な情報は相手が持ってますから、その情報に"付加価値"をつけて返せばいいのです。

 

こうすることで信頼を得ることができビジネスの話が広がり、さまざまな分野の人脈を得ることに繋がります。

 

人脈とは、まずは自分で情報を発信し、集まる情報を高い抽象度から見ることで構築されていくのです。

 

ブログを書き続けることでとんでもない出会いがあるかもしれないですね(^^)

 

 

 

ロボットがあなたの資産を運用してくれる

こんにちは、ふるきちです。

 

人間は感情的な生き物。

人間は論理的に思考することができる。

人間は感情的になるとI.Qが下がる。

人間はI.Qが下がると論理的思考が出来なくなる。

 

だから、論理に考えたいならば感情的にならず徹底的にリラックスすること。

 

でもこれって中々難しいですよね。

 

言うは易し、行うは難し。

 

さて、世の中はIT化が進み人工知能で様々な作業が効率よく達成出来るようになりました。

 

なぜ、人工知能に仕事奪われるのか。

もちろん、ロボットには感情がなく作業能率にムラッ気がないからです。

 

人間の脳を否定するつもりはまったくありません。ただ、何事にも適材適所がある。

 

人間が得意とすること、ロボットが得意とすること、住み分けがはっきりすれば人々の生活は豊かになります。

 

人生は有限です。無限にはありません。

限られた時間、本当にやりたいことをしていきたいでしょ。

 

で、ロボットもここまでするようになったか!

と思わせる記事がこちら。

 

toyokeizai.net

 

資産運用で欠かせないのは投資。

金融工学という言葉があるように、投資は理論が欠かせない。

つまり、資産運用は論理的思考力が求められる。

 

冒頭でお伝えしたように、論理的に思考するには感情を排除する必要がある。

株やFXなどの投資経験者なら分かると思うが、投資してると感情的になりがちだ。

なぜなら、投資はダイレクトにお金が増減するからだ。

 

目の前でお金が増えると嬉々として喜び、減ると怒りが込み上げてくる。

冷静になるには経験と慣れが必要だ。あと、潤沢資金も。泣けなしの資金で投資すると感情的になりやすい。失ってもいいお金なら減っても気にならないからね。

 

 

さて、「ロボアド(ロボアドバイザー)」というシステムは自動で資産運用をしてくれる。

自分の情報を入力すれば最適な資産配分を自動で提案してくれる。

 

運用資産の1%相当額を年間の報酬として支払えば、世界の約6000種類のETF(上場投資信託)から最適な組み合わせを提案し、自動で運用してくれる。

顧客からの預かり資産の総額は足元で約100億円。約200億円のウェルスナビ、約160億円の楽天証券(サービス名「楽ラップ」)に次ぐ、ロボアドの国内3番手だ。

 

本来の人による対面型アドバイザーよりも人件費などの固定費が浮くので割安で運用を任せられる。

 

ロボアド元年の2016年とまだ若いロボアドだが、対面型アドバイザーがこわい人や不安な人は1万円からの少額資金から資産運用をしてみてはどうだろうか。

 

日本の個人金融資産は約1800兆円。

そのうちは預金として眠っている。

金融金融に預けても利息はスズメの涙。

 

これを機に利用しよう。

また体験談をブログでもアップしていこう。

 

科学技術の進歩は、実際に利用することで感じられる。

「あー、ついにここまで来たか」

「次は何が誕生するのだろうか」

 

世の中を進歩を楽しみながら私も進化していく。

億万長者はほぼ例外なく〇〇だ-『となりの億万長者 成功を生む7つの法則』トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ

こんにちは、夏まで減量筋トレして夏になったらリバウンドしつつある、ふるきちです。

 

今回取り上げる本はこちら。

『となりの億万長者 成功を生む7つの法則』トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ

 

アメリカの著者が1万人以上の億万長者にインタビューとアンケートをして、資産や年収、職業、消費行動のタイプを徹底的に調査した本である。

 

んで、結論からいえば億万長者になる秘訣はこれだ。

 

  1. 収入以上の生活をしない
  2. 資産形成のために時間を使う
  3. 世間体を気にしない
  4. 親からの援助に頼らない
  5. 経済的に自立するよう、子供たちを育てる
  6. 上手にビジネスチャンスをつかむ
  7. 時代にマッチした職業に就く

 

細かいことは本書に譲り、気になった文章を紹介

 

マスコミのせいで、若者の頭には「金ある人間は気前よく使う」「見せびらかさなければ、持っていないのと同じだ」といったメッセージが刷り込まれている。

テレビや新聞は、派手なライフスタイルの人がいなければ困るだろう。億万長者の質素な生活ぶりだけを報道していたら、テレビの視聴率や新聞の購読率はガタ落ちだ。

遮二無二働き、質素で地味な生活を送る億万長者は、少しもかっこよくないし、観察しても面白くない。宝くじに当たったり、クイズ番組で優勝して一夜にして金持ちになる人なら記事になる。だが、そんなことで金持ちになる人はほとんどいない。滅多にないことだからこそ、マスコミは書き立てるのだ。

 

 本書に再三何度も書かれているが、本当の金持ちは金持ちらしくない。

 

いわゆる「金持ちらしい」というのはよくテレビや雑誌に登場する、オシャレな服・靴・時計を身につけ、高級車に乗り、高級住宅街又は高層マンションに住んでいる人たちである。

 

いわゆる「金持ちらしい」人はメディアが視聴率稼ぎにピックアップして庶民に金持ち像を植え付けてるためのアイドルのようなものだ。

 

こういった人たちは億万長者のなかの極々一部であり、大半の金持ちは意外と身近にいる。

ただ、分からない気づかないだけなのだ。

 

本のタイトル『となり億万長者』とはこういうことである。

 

また、億万長者の大半の職業は珍しい職業ではなくありふれた仕事である。

このことに関してはこう書かれている。

 

最近フォーブス誌におもしろい書き出しで始まる記事が載っていた。

「目新しい事業ではなく、ありふれた業種で安定して成長を続けているたぐいの会社は、話題性には乏しいが、長期的には優れた投資対象となる。

 

話題に乗っかっていち早くやった人が億万長者になるのではなく、むしろ我々が普段見聞きする職業を長年続けた者が富を築くのだ。

 

 

最後に、ここまで読んでくださった方々に伝えたのは。

 

金持ちは、ほぼ例外なく

 

経営者

 

これは億万長者あるある。

 

このブログで何度も伝えてるように、サラリーマンでは億プレイヤーは夢のまた夢。

 

さあ、奴隷を卒業しよう!!

今年の夏は景気がいい!?

こんにちは、今日でお盆休みが終わる、ふるきちです。

 

景気のいい話が飛び交う 2017年夏に起きているコト : J-CASTニュース

 

今年の夏は、猛暑。

これはもう言うまでもない。

 

経済的には、夏は暑いほうが景気が良くなる。

冬は寒ければ寒いほどいい。春は花粉が多ければ多いほどいい。

秋は、、、。

 

要はそれぞれの季節らしければ、日本経済は潤うのだ。

 

で、気になる猛暑の経済効果。

 

 

気象庁のまとめでは、東京の7月の平均気温は27.3度と、前年より1.9度も高いが、近年で最も厳しい猛暑に見舞われた2010年の28.0度には及ばず、2011、2013年と同じ。

 

第一生命経済研究所の試算では、7~9月の東京・大阪の平均気温が1度上がると、実質国内総生産GDP)を3212億円、押し上げる。消費増に伴う輸入増の影響も考慮すると、2010年並の猛暑になった場合は、7~9月期の実質GDPを3072億円(0.2%)押し上げることになるという。関連業界などが期待するところだ。

 

たかが平均気温が1度上がるだけで実質国内総生産GDPが3212億円上がるのは目からウロコ。

 

日本経済のためにも温暖化大歓迎といったところか!?

 

しかし、猛暑の恩恵を受けていない商品はビールだ。

これは意外。暑ければ暑いほど、グイッと喉越しを楽しみたいのがビール。

が、今年からビールは苦戦を強いられる。

 

なぜなら、ビールは今年から安売りの規制がかかった。例年より1〜2%減。

暑くなるに従い売上は上がってきたけどそれでも厳しい。残暑が続く9月半ばまでが勝負といったところだ。

 

そして、猛暑だからといって2017年度の経済が良くなるかといったら、それは別。

こんなレポートがある。

 

「猛暑効果により売上を伸ばす財・サービスは暑さを凌ぐためにやむなく出費するものが多い。したがって、今年も猛暑効果で夏に過剰な出費がなされれば、秋口以降は家計が節約モードに入ることが予想されるため、秋以降は注意が必要だろう」

「夏の日照時間が増加して来春の花粉飛散量が増えれば、花粉症患者を中心に外出がしにくくなることからすれば、猛暑は逆に来春の個人消費を押し下げる可能性もある」

 

もちろん業界によって見解は様々だが、冒頭で伝えた、春は花粉が多ければ多いほどいいわけではなさそうだ。

まあ、製薬会社はいいかもな。

 

いずれにせよ、まだまだ夏本番!

 

暑さを凌ぎ、夏を楽しみましょう!

 

Have a good summer days

 

 

「考える前に動く」「動きながら考える」「とにかくやる」-『多動力』堀江貴文

『多動力』堀江貴文

 

ホリエモン氏の良書中の良書『多動力』

何回読んでも飽きない、何回読んでも新鮮。

 

中でも見出しのとおり、

「考える前に動く」「動きながら考える」「とにかくやる」

は頭と心にズバッと来た。

 

人間は良くも悪くも考える生き物だ。

 

しかし、

考えすぎて何も出来なくなることが多々あるだろう。

考えすぎて思うように前に進めないことも多々あるだろう。

 

考えすぎは足かせなのだ。

 

まずはやろう。

やりたいことをやっていこう。

やりながら考えよう。

やれば自分の考えに勇気が出る、勢いも付く。

 

周りに止める人が出てくるかもしれない。

親、兄弟、友人、知人、教師、上司

 

しかし、なりふり構わずやっていれば放っておいてくれる。

なかにはやっていることを認めてくれて協力してくれる人もいるだろう。

 

私はやる前からやりたいことを周りに言わなくてもいいと思う。

聞かされた人は責任感じたくないからとりあえず賛同せずに止める。

それに他人(親兄弟含めて)は過去の自分の実績でしか判断しない。

自分がやりたいことと他人からの評価は全く別だ。

 

やりたければやればいい

 

もちろん何をやるにしても時間とお金がかかる。

本当にやりたければ周りが止めても自分から工面する。

それこそ本当にやりたいことだ。

 

周りの協力がないと始められない?

 

そんなのは言い訳だ。

 

時間が欲しければ今現在やりたくないこと、やらなくていいことをやめる。

お金が欲しければ不必要なものにお金をかけない

 

まずは自分から始めよう

始めれば解決策や課題が見えてくる。

壁にぶつかっても続けていれば乗り越え方が見えてくる。

 

迷うな、やろう!

 

俺はもうとっくに始めている

 

将来が楽しみだ

ワクワクするぜ