億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

227日ぶりの更新!

超お久しぶりです!

億兆の世界探検家、ふるきちです!

 

227日ぶりの更新 笑

 

ふとしたことからこれまでのことを振り返ろうと、

キーボードを打ち始めた次第です。

 

とはいえ、日常では頭のなかであれやこれやと思い巡らせているが、

いざブログを書き始めるとキーボードを打つ手が進まないわけで。。

 

ブログは、頭の中で考えているのと違って、読者に読んでもらうので

何言ってるか分かるよう考えるからでしょう。

 

それでも、頭の中でぐちゃぐちゃと巡っていたものは、パソコンの前になるとスッと消えていくのは不思議です。

 

皆さんもこういう体験はありますか?

 

それでも読者の方に何か自分のことを伝えたいので、ダラダラと書いていきます。

 

この277日間何があったか(最終更新日は2017年10月18日)

自分の頭の中を整理するためにもランキング形式でこれまでのことを箇条書きにします。

 

1位 喫煙勃発

2位 FX大荒れ

3位 ブログ更新停まる

4位 本を読まなくなる

5位 ブスだと自覚する

6位 夢が遠ざかる

7位 奮起を試みる

 

1位 喫煙勃発

禁煙3年を経てひょんなことから喫煙を始めました。

まぁひょんなことというのは取引先との納涼会で隣の人とタバコの話になり、

ノリで一本もらったら吸いたい欲が爆発!

「まぁ、またやめるだろう」と思っていましたが。。

 

それからの日々は貰いタバコ貰いタバコ 笑

 

職場の先輩たちから一日5~10本もらってました 笑

 

職場のストレスは職場で返す!!

 

そんな気持ちで積極的に貰いタバコしてました 笑笑

 

タバコって不思議なもので、喫煙者は禁煙者を吸いたがらせるのです。

 

「24円ちょうだい!」

 

というと、「は?」となりますが、「タバコちょうだい!」と言うと気持ちよくくれるのです。

 

そんな日々が5ヵ月ほど続いたのですが、喫煙欲が加速していきしまいには自分で買って1日1箱吸ってました。。

 

だがしかし!やはりタバコは百害あって一利なし!

金は飛んでくし、意欲低下するし、イライラするし、食欲増すし、太るし、肌くすむし、肌ボロボロになるし、感じ悪いオーラ出るし、嫌われるし、タバコ吸いたいし。。。

 

もうやめます。

3年禁煙してた時はマラソンをしてたので自分の意志だけでやめることが出来ましたが、いまはただ単に禁煙したいだけなので動機が弱い。

なので医薬品に頼ることにしました。 

 

 

購入先はいつも薄毛薬でお世話になっているオオサカ堂さん。

ここは輸入薬専門商社を21年続けているので安心安全なお店です。

 

で、今試しているのはこの禁煙補助商品!

 

ニコチンパッチ(NicotinePatch)21mg

<a target="_blank" href="https://drkness.net/contents/ard.php?id=OS013821&adwares=os003366"><img src="https://drkness.net/contents/photos/000326_stopsmokeaid.jpg" width="480" border="0"></a  

<a target="_blank" href="https://drkness.net/contents/ard.php?id=OS013821&adwares=os003366"><img src="https://drkness.net/contents/photos/000326_stopsmokeaid.jpg" width="480" border="0"></a>

<a target="_blank" href="https://drkness.net/contents/ard.php?id=OS013821&adwares=os003366"><img src="https://drkness.net/contents/photos/000326_stopsmokeaid.jpg" width="480" border="0"></a>

 

 

 

ニコチンガムも検討したのですが、

大学生のときに友達からもらったガムがまぁ不味くて。。

一応ミント味なのですが口の中がピリピリしてて気持ち悪くて続けられたもんではなかったです。

 

しかし!このニコチンパッチは身体に貼るだけなので気楽に禁煙に挑戦できます。

とはいえ、今朝商品が届いたので使用して4時間ほどしか経ってないので効果はまだわかりません 笑

 

いまのところは、禁煙特有の口の中が寂しい感じがします。

 

問題は仕事中に禁煙できるか!!

 

タバコを吸いたくなるのはいつも仕事中。

 

明日からが楽しみです。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

2位 FX大荒れ

これはまぁなんといいますか。

 

身も蓋もないことを言いますと

 

ブログのタイトルにあるように

 

私は

 

億兆の世界の住民になりたいのです!!!!!!

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

 

んで、手っ取り早いのがFX!!

 

そう思ってトライしたのですが、

 

まぁアレな結果です。

 

そんな甘い世界ではありません。

 

でもあきらめません。

 

勝つまでは!!!!

 

4か月ほどFXを経験して分かったことは、

 

知識や技術や先を読む力よりも

 

メンタルが大事!!

 

FXの基本は損小利大。

 

だけど負け続けると、少し利益が出てるだけで決済して安心し、逆にマイナスになってると「ここで決済するとまたお金を失ってしまう~~」となり決済出来ずさらにマイナスになってしまうんですよ。

 

FXはほんとメンタルが大事なんです。

難しい世界ですね。

 

それでも一攫千金!

 

億兆の世界の住人なるためにFXは続けてまいりますぞ!

 

 

3位 ブログ更新停まる

まあそんな荒れた生活をしていたので、ブログへの意欲が低下してたのです。

有名ブロガーの成り上がり談を読むと自分のブログ成果が遠く及ばずあきらめていたのです。

 

時間掛けて更新しても得るものは少ない。

 

効率悪いじゃねえかーーー!!!!

 

そんな私は「継続は力なり」を信じています。

すぐに目移りしてしまう私には大事な言葉です。

 

また、ブログはお金稼ぎだけではない。

頭の中を整理したり、読者と繋がったり、自己存在の証明、承認欲求が満たされるなど「一害あって百利」ありです。

 

一害はなんだ!って感じですが、それは労力がいるってことです。

でも労力を投資せずに利は得られないのが世の常。

 

FXにも通じますが、利益を得るにはリスクはつきものです。

 

億兆の世界の住民になるのには、積極的にリスクを獲ることは初歩中の初歩でしょう。

 

 

4位 本を読まなくなる

これはブログ更新ストップと関係あるのですが、本を読まなくなりました。

 

もともと読書が好きで大学4年間で400冊読破したくらいです。

 

読書によって感化され自己成長してきました。

知識がつくと自信がつきます。

 

しかし知識があっても金持ちにはなれません。

 

知識を活かし行動しなければ頭でっかちになり

変なプライドだけが身に付きます。

 

だがしかし、ブログ中断して本を読まなくなった本質はここではありません。

 

以前このブログは成功者の本を読んだ感想を書いてました。

完全にアフィリエイト目的で。

 

んで結果は大して出なかったのでブログ書くのが億劫になりました。

 

そして本を読んだらブログを書かないといけない衝動に駆られ本から遠ざかっていたのです。

 

これでは本末転倒。

 

読書は悪ではなく善。

 

人生が好転しなくても読書を通じて自分の世界観が広がることに意味があります。

 

そして読書をしない日々は何か寂しい。

 

代り映えのない日常を淡々と続けてる感じがしました。

 

読書に没頭してた日々があったことがわかること。

 

それは、

 

読書は意欲の起爆剤になる!

 

まずは家にある未読の本から読んでいこう。

 

 

5位 ブスだと自覚する

自分で言うのもまぁあれですが自分はそこそこイケメンだと思ってました。

 

だがしかし!

顔面を誉められた経験が少ない!

あまりモテた実感がない!

 

自信とは裏腹に結果がついてこなくて「?」って感じの人生を送ってました。

 

そして昨年冬。

憤慨する出来事がありました。

 

知り合ったばかりの遊び仲間の超遊び人が、

私のことを「ブス!」だの「ブサイク!」だの「その顔面なのになんでそんな自信に溢れているのかわからない」など罵られました。

 

まあ怒りますよ、そりゃあ。笑

 

けれども、別の超遊び人仲間が、

 

「この人の言うことちゃんと聞いたほうがいい。」

「この人は自己分析がしっかり出来ていて人一倍努力している」

 

と言ってくれました。

 

それから罵倒してくれた先輩から髪型やファッションのアドバイスをしてくれたりと見た目が改善されていった。

 

それまでは、変に自信があった自分は髪型やファッションに気にも留めてなかったのです 笑

 

 

 

罵倒先輩に良いところは他の人では言いづらいことも言ってくれます。

 

なにを隠そう、私は薄毛です。

自分でも薄々気づいていたのですが、罵倒先輩はズバッと言ってくれます。

 

そして罵倒先輩は元薄毛でした。

AGA(男性型脱毛症)の治療を受けていました。

 

そんな彼はお金をかけずに発毛育毛する治療薬を紹介してくれました。

AGA治療をすると医療費に年間数十万掛かります.

罵倒先輩は療薬は病院から処方されるもの同じものを病院より安く手に入るは輸入業者を紹介してくれました。

 

その業者は、前述したオオサカ堂です。

 

罵倒先輩の勧めで、

発毛効果のある

ミノキシジルタブレット2.5mg[Lloyd社製]

 育毛効果のある

フィンペシア(Finpecia)1mg

 を試すことにしました。

 

最初の2か月くらいは効果感じませんが。

処方を続けると、髪の毛が増え、太くなり、髪の毛がシャキッとします。

薄毛が解消されるだけでも自信がつきます。

 

罵倒先輩ありがとう(*''ω''*)☆☆☆

 

それでもめんどくさがりな私は薬の処方やヘアセットや散髪をサボったりもします。

 

でもさすが罵倒先輩。

 

会って私の姿カタチを見ただけでディスってきます 笑

 

見た目が改善がされると自信がつく。

当然、見た目が落ちると自信が無くなりだらしない生活を送ることになる。

 

見た目に気を遣うことお金を使うことの大切さを罵倒先輩から教わりました。

 

罵倒先輩に会うのが怖いですがまた会うのが楽しみです。

 

俺はドM君か!!!!!

 

 

6位 夢が遠ざかる

そんなこんなでだらしない日々を送り、FXでお金を減らし、相も変わらず会社員を続け、夢から遠ざかっていました。

 

私の夢はただ単に億万長者になりたいのではなく、お金に余裕ができたら高校生のときから夢だった放浪の旅に出ることです。

 

元を辿れば、幼い頃は陽気で知らない人にも気軽に声を掛け会話をし、お互いのことを知るのが好きでした。

 

今も語り合うのが好きです。

でも自信が無くなってきたのか自分のことを話すが苦手になってきました。

 

中学の頃、英語の授業で『世界の6割が英語が母語である』と知り、

「もっといろんな人と話し語りたい!」

と思い、英語だけはしっかり勉強してきました。

 

それが派生して、

「もっと世界を知りたい」

「広い世界を観たい」

バックパッカーになりたい」

という思いが強くなりました。

 

残念なのは思いだけが強くなるだけで現状は変わっていない。

 

「海外に行きたい!」

「東南アジアに行きたい!」

発展途上国に行って成り上がるエネルギーを感じたい!」

 

という気持ちがあるのに未だに海外に一度も行っていない。

 

そんな現実。。

 

本当におさらばしたい。

 

 

7位 奮起を試みる

4月で31歳になった。

 

この歳になるとテレビで同世代が活躍する姿をよく目にする。

 

「なんで俺は指をくわえて羨ましがっているままなんだ」

 

こんな思いを感じ、悲しくなる。

 

もちろん自分に何が欠けているか分かっている。

 

もちろん

 

行動・継続

 

だ。

 

 

すさんだ生活を続け、昨日なにを思ったか、

昨年読んだ『人生の勝算』を読み返した。

 

 

www.furukichizm.jp

 

 

『人生の勝算』の著者、前田裕二さんは私と同い歳。

最近では石原さとみさんとの熱愛が報じられた。

 

そんな彼は、物心ついたときには父親がおらず、8歳のときに母親と死別した。

 

兄と二人で生活し、生活するために小学生の頃から路上ライブで生活費を得ていた。

 

中学のグレて警察沙汰になり兄を泣かせてしまったことをきっかけに、

心展し早稲田大学に入学、超一流投資会社で成果を上げ、会社を興し成功をおさめた。

 

『人生の勝算』読んでハッとした言葉があった。

 

 

「無条件で人を好きになる」

 

 

これは明らかに自分に足りないことだ。

 

実績がないのに自信過剰になっている自分は、他人を受け入れることが苦手だ。

 

もっというと、これは自信の無さの表れで自分を知られるのが嫌で、上手くいっていそうな人に嫉妬していた。

 

。。。

 

なんだかおおっぴろげに自分のことを書いてたら吐き気がしキーボードを打つ手が遅くなってきたので今回のブログはここまでとします。

 

とにもかくにも、心機一転!

 

夢に向かって再行動!

 

自分を心から好きなる!

 

相手を心から受け入れる!

 

幸せな人生を送る!

 

以上!

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に今の若者は「乾けない世代」なのか-『モチベーション革命』尾原和啓

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

今回紹介する本はこちら!

 

 

 

著者の紹介

尾原和啓(おはら かずひろ)

IT批評家・藤原投資顧問シニアアドバイザー

1970年生まれ。

京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。

マッキンゼー・アンド・カンパニーリクルートGoogle楽天などを経て現職。

インドネシア・バリ島在住。

 

 

本当に「乾けない世代」なのか

この本との出会いはTwitterでフォローしてる人のつぶやきで勧めていたことだ。

 

ブクマで購入し読んでみたが、表紙の袖に書いてある文言に疑問を持った。

 

正直、この手の若者を小馬鹿にした見方は嫌いだ。

 

なぜ、 あなたは稼ぐために頑張れないのか?

あなたは「上の世代」と違い、生まれたころから何もかもが揃っていたので、金や物や地位などのために頑張ることができません。

埋めるべき空白が、そもそもない「乾けない世代」なのです。

しかし、仕事がなくなっていく時代には、この「乾けない世代」こそが希望になります。

 

 

確かに我々若者世代はモノが豊かな時代に生まれた。上の世代よりも恵まれた環境で育ったと思う。

 

だがしかし、

「金や物や地位などのために頑張ることができません

 この文言は間違っている。

 

自分の周りには

「お金がほしい」

「良い車が欲しい」

「偉くなりたい」

「従うだけの人間になりたくない」

と言って、努力してる人がたくさんいる。

 

むしろ大多数の人が"埋めるべき空白"を埋めるべく努力している。

 

それが"上の世代"に伝わってないのか。

 

ホリエモンキングコング西野も各著書で若者論を述べてるがこちらのほうが印象が良い。

年上世代の若かりし頃よりも、今の若者のほうが前向きで可能性があると言っている。

 

 

おわりに より

著者は日本の若者に絶望してた。

 

それでも従来の生き方とは違う生き方をすれば未来がある、と言っている。

 

その生き方はこのブログで散々述べている。

 

それは、

 

自分が好きなことを夢中になってやり、共通の趣味を持つ人とSNSなどで繋がり情報発信をしていく。そうすれば自分を必要とする人が現れ噂が噂を呼び、自分の価値がある。

 

とにかく、好きなこと続けてやってく!

 

このブログを通して、もう自分のあるべき姿が見えてきた。

 

将来が楽しみで仕方がない。

ワクワクするぜ。

 

 

 

 

 

 

 

仕事を遊びにして、仕事を遊び倒す人生-『すべての教育は洗脳である』堀江貴文

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

今回紹介する本はこちら!

 

 

著者の紹介

言わずと知れた、ホリエモンこと堀江貴文氏。

本音で本質をえぐる発言が人気を集める敏腕実業家。

 

学校は国策の洗脳機関である

学校とは常識を植え付けるところである。

ここでの常識とは国家にとって都合の良い常識だ。

 

産業革命により手作業から工場生産が主流となった。

工場では人間は機械と同じように生産ラインの一部にしか過ぎない。

 

資産家である経営者からすれば機械と同様に人間にも思い通りに動いてほしかった。

 

当時の産業のほとんどは国策で運営されていた。

国家は資産家と同じ考えを労働者に抱いていた。

 

戦前ということもあり若者への教育は軍隊方式で上からの命令は絶対だ。

若者は理屈とは関係のない教育を経て社会の厳しさを思い知ることになる。

 

現代はここまでひどくはないが、いわゆる"世間の常識"は学校で教わる。

常識とは時代によって変わるものであり不変ではない。

それでも世の中を知らない子供は"常識”を学校に植え付けられる。

 

 これからの生き方

堀江氏は学校がいらない最大の理由をこう述べている。

それは「国民国家」というファンタジーの消失だった。

インターネットの登場によって、旧来型の国民国家が解体されつつある現在、もはや「国民」の養成機関としての学校に入って何の価値もない。

 

グローバルに生きるか地元に根ざすか

これから生き方は二極化する。

 

まず世界的に活躍する生き方だ。

これについて才能と圧倒的な努力が必要なのでここでは深掘りしない。

 

むしろ世界の9割を占める地元に根ざした生き方について詳しく述べる。

 

地元に根ざした生き方は、平たく言えば「マイルドヤンキー」みたいな生き方だ。

彼等は「仲間との絆」を大切にし「地元LOVE」なのである。

 

マイルドヤンキーは、仲間との絆を重んじ、上下関係を作りたがる。

どんどん変化していく仲間よりも、付き従ってくれる子分を欲する傾向が強い。

 

彼らが漫画の『ONE PIECE』や、ジャニーズやAKB、EXILEを好むのは、仲間のために死に物狂いで戦い、涙し、メンバー間との絆やファンとの連体感に心が動くからだ。

 

 

誰にどれだけ支持されるか

モノやお金の価値が最小化されていく社会人では、誰にどれだけ支持されているか、共感されているかが重要な意味を持つ。

 

裕福になった日本はもはやモノやカネを奪う必要はなくなってきた。むしろモノや情報はシェアするのが基本である。

 

争う必要がなくなったので今度は人との繋がりが大事になる。SNSのいいね!やシェア機能は時代のニーズに応えた機能だといえる。

 

共感や支持を得るのに必要なのは没頭する何かがあることだ。

堀江氏やいろんなメディアで「没頭」の大事さを説いている。

 

「没頭」は人の心を動かす。

そして何よりも自分が楽しい。

 

心からやりたいことをやってる人に共感や支持が集まり、小さいながら自分にふさわしいコミュニティを築ける。

幸せはその中にあるといえる。

 

 

 

 

 

『「好き」を「お金」に変える心理学』DaiGo

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

今回紹介する本はこちら!

 

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 

 

 

著者紹介

言わずと知れた、メンタリスト・DaiGo

人の心を読み、操る技術「メンタリズム」を駆使する日本唯一のメンタリスト。

企業研修や講演、コンサルティング、遺伝子解析企業の顧問、大学の特任教授、テレビ番組の出演など、幅広い分野で活躍する。

 

 

お金を「無限ループ」で回す4つの段階

まず、お金を「無限ループ」で回す仕組みは以下のとおりである。

 

  1. 自分が「本当に好きなこと」を見つける
  2. 「好きなこと」を極めていく
  3. 「好きなこと」を収入に結び付けていくための工夫をする
  4. 「好きなこと」で得たお金を再投資する

 

ここで大事なのは「好きなこと」の見極めである。

それをしているときは没頭しており時間なんて忘れている。

また、それのためなら時間もお金も惜しまない。

 

こういった感じのものがあれば「本当に好きなこと」に入れていい。

 

3.の「好きなこと」を収入に結び付けていくための工夫が一番知りたいとこだ。

次はここについて説明する。

 

 

お金を生み出す5つのチャンス

  1. 好きなことを宣伝して人に知ってもらう
  2. ギブ&ギブ 人を助けると大きな恩返しがある
  3. 「好きなこと」を通じて他人に「貢献」する
  4. 「弱いつながり」こそ大切にする
  5. 決断すべきことは「直感」を信じる

 

まずの商品のPRでもそうなんだけどまずは知ってもらうこと。

 

「自分はこういう人間です」「自分はこういうのが好きです」「自分はこういうのが得意です」「自分はこういう風に社会に貢献します」

 

と自分から情報発信することだ。

全ての始まりはこれである。

 

次に見返りを求めずに相手に与えることだ。

「返報性の法則」により相手は自分が与えた以上のことをしないといけない気がするので先手必勝でまずは自分から与えることだ。

コツは、見返りを求めずにさりげなくすることだ。

 

ギブ&ギブで他人に「貢献」すると幸福感が得られる。

そして、人との繋がりにより人脈も生まれる。

 

いつもいる仲間や家族に頼るよりも、こうしてできた「弱いつながり」が強い手がかりになる。

いつもいる仲間や家族は自分と同じコミュニティに属しているため得られる情報もに頼ったり。だからこそ、ギブ&ギブで築いた「弱いつながり」から得られる情報のほうが刺激があり起爆剤となる可能性を秘めているのだ。

 

そして何よりも、直感を信じること。

人生なにごとも理屈だけでは説明出来ないことがある。

 

経験値から得られる情報は言語化される前に判断材料となる。

 

直感で「これいいな」と思えたことは理屈で言語化される前に脳がOKを出している。

言語化されたときはただの理由付けだ。

他人に説明するとき以外は理由付けなんていらない。

 

自分の直感を信じよう。

 

最後に

この本は心理学や脳科学、経済行動学など高度な学問によって説明されている。

どれも裏付けがしっかりされており学術界でも信憑性が高い。

 

理由付けしっかりされているからこそ、紹介されているノウハウを試したくなる本だ。

 

 

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 

 

『宝くじで1億円当たった人の末路』鈴木信行

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

今回紹介する本はこちら!

 

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

 

 

 

著者略歴

鈴木信行 日経ビジネス副編集長

1967年生まれ。1991年慶応義塾大学経済学部卒業。日経BP社に入社。

日経ビジネス」、日本経済新聞産業部、「日経エンタテイメント!」「日経トップリーダー」を経て現職に。

中小企業経営、製造業全般、事業継承、相続税制度、資産運用など中心に取材。

 

 

はじめに より

まずはじめに、この本は宝くじを当てた人だけが書かれている本ではない。

むしろ宝くじの事例は1例のみで残り23事例はまったく別の話だ。

 

多種多様な生き方をした人の末路を取材した本だ。

 

21世紀に入り、グローバル化の拡大とIT革命によりライフスタイルが多様化した。

ライフスタイルが多様化するということは私たちの人生の選択肢が飛躍的に増えたということだ。

 

このブログももちろんそうだが、SNSで自宅にいながらも世界中の人とつながることが出来るし、ネットのフリーツールを活用するだけで誰だって起業家になれる。

 

その一方で、新しいライフスタイルを突き進んだ結果どうなるかは分からない。

一昔前なら大企業に入り終身雇用で年功序列を歩んでいけば、「10年後はこうなるだろう」、「30年後はこうなるだろう」、「老後はこうなるだろう」と容易に自分の将来が想像できた。

 

しかし、新しい選択を選んだ人はある意味”先駆者”だ。

フロンティアスピリッツをさながらに、切り込み隊長として先の分からないその道を歩み、堀り続けていく。

 

ネットでは既知のことは調べられるが未知のものは分からない。

 

私にとって新しい選択肢を選んだ人はカッコいい存在だ。

 

新しい選択肢の最新情報はその道を歩んでいる人に聞くのが一番。

 

この本はそういった本だ。

 

気になる様々な選択の末路を専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

その選択をした後に待ち受ける運命がどんなものか分かっていれば、より多くの人がもっと人生を楽しむ社会になっていくかもしれない━━━。

そんな発想から、本書の企画は始まりました。

 

 

おわりに より

この本は変わった生き方をした人の末路だけを取り上げた本ではない。

 

むしろそういった人にエールを送り、その道を選ぶ人への指南書にような本だ。

 

日本社会には同調圧力が根強く残っている。

出る杭は打たれ、その社会から逃げ出したら二度と同じ社会に戻ってこれない。

 

日本社会に上手く適合できない人はストレスが溜まる。

「自分は間違っているのか」「大人になれない大人なのか」

 

そんなことはない。

 「間違がっているのは世の中だ!!」

そんな気概で力強く生きてほしい。

 

新しい道を歩んだ人ほど人類史に残り続ける。

現状維持は退化。

 

進化し続けるには望んで切り込み隊長になろう。

 

 

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

 

 

日本の医療界にビッグデータやAIが導入されにくい理由

f:id:furukichizm:20171012182133j:image

 

 

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

今回紹介するニュースはこちら!

医療への「ビッグデータ」「AI」導入が、日本で停滞する理由

 

 

医療にビッグデータを導入するということ

まず、ビッグデータとはサンプル数の多いデータのことである。

ゆえにビッグデータそのものは最先端ではなく情報も過去のものである。

 

医療業界にビッグデータを用いるこんなことができる。

例えば、日本には「いい病院を選ぶ基準」のほとんどが口コミです。

根拠がなく信頼性の低い情報で病院を選んでいるのです。

 

一方、アメリカでは各病院ごとに、病気の病期・症状ごとに「病院の入院の日から30以内に死亡する確率」という情報がインターネットで公開されてます。


患者はこれを参考にして、受診する病院を選ぶことができます。

この膨大なデータこそがビッグデータであり、それが医療に活用されている事例と言えます。


だが、このような情報を公開することで、重症な患者を診ている病院の医療の質が低いように見えてしまい、患者が誤解するのではないか、もしくは病院が重症患者の治療を断るようになるのではないか、と懸念されるます。

 


しかし近年では、より重症な患者を治療している病院と、より軽症な患者を診察している病院の「患者の重症度の差」による影響を取り除いた上で病院を比較する方法(専門用語で「リスク補正」と呼ぶ)が進歩しています。

 


その結果、完ぺきではないが、かなり信頼できる形で病院の医療の質をきちんと比較できるようになりました。

 

 

なぜ日本の医療界にビッグデータやAIが導入されにくいのか

日本ではこのようなビッグデータによる情報公開は少ない。

原因としては医療界はまだ縦割り社会で横との繋がりが希薄だからだ。

 

 

日本ではこの「溜め込んだデータ」を「どういう目的で使うのか」「誰がどう使うのが最適か」という、流通の導線は、ほとんど考えられていません。

 

日本は分野横断的な研究やビジネスがアメリカと比べて少ない。

医療界のしがらみがもう一つの原因だ。

 

新しいビジネスを始める医師にひがみが投げられる。

 

「あいつは金に目がくらんだ」

「はやく医療の世界に戻れ」

 

これは医師同士にひがみに留まらず、ビジネス界の重鎮にも説教をされる始末だ。

 

ビジネスの世界では、PDCAサイクルの重要性が説かれます。実施と検証を繰り返して改善していくというのは、非常に合理的な考え方ですよね。
しかしながら、医療に限らず日本の政策においては、PDCAサイクルが回っているようには思えない。

 

 

 

人の命を預かる医療業界こそ最先端の技術やビジネス的発想が必要である。

古いしきたりは業界の足を引っ張り破滅へと向かう。

 

既得権益にあぐらをかく古い人を置き去りにして、現代らしいビジネスが生まれることを期待する。

 

お金と真摯に向き合う-『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

今回紹介する本はこちら!

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

著者の紹介

ロバート・キヨサキ

起業家・教育者・投資家

 

 

対照的な二人の父親

著者・ロバートキヨサキには二人の父親がいる。

金持ちの父と貧乏な父。

 

一方は高い教育を受け知的な人だ。

四年制大学を2年で卒業し博士号を取得、さらに高度な教育を受けるために三つの大学をはしごした。どの学校でも成績優秀で、授業料は奨学金でまかなっていた。

 

しかし、もう一方の父親は高校すら卒業していない。

 

二人の父は共に勤勉だった。

二人とも仕事は上手くいって収入も多かった。

 

だが、一方の父親は死ぬまでお金に苦労し、もう一方の父親はハワイで最も裕福な人間の一人となった。

 

一方の父は家族への遺産だけでなく慈善活動や教会の活動に何千万ドルという金をのこした。もう一方の父は未払いの請求書だけ残していった。

 

 

二人の父の言葉の違い

二人の父親は何かにつけて正反対の考え方をしていた。

 

一方の父は「金への執着は悪の根源だ」と言うのに対して、

もう一方の父は「金がないことこそが悪の根源だ」と言う。

 

一方の父は「金持ちはお金に困っている人を助けるためにもっと税金を払うべきだ」と言うのに対し、もう一方の父は「税金は生産するものを罰し、生産しない者に褒美をやるためのものだ」と言う。

 

教育の考え方も違う。

 一方の父は「一生懸命勉強しろ、そうすればいい会社に入れるから」と言うのに対し、もう一方の父は「一生懸命勉強しろ、そうすればいい会社を買えるから」と言う。

 

子どもへの考え方も違う

一方の父は「私にお金がないのは子どもがいるせいだ」と言うのに対し、もう一方の父は「私が金持ちでいるのは子どもがいるからだ」と言う。

 

家族との会話も違う。

 一方の父はお金やビジネスについての話を食卓でするのは大いに奨励するが、もう一方の父は食事をしながらお金の話をしてはいけないと言う。

 

お金の使い方も違う

一方の父は「お金に関しては安全第一に」と言うのに対し、もう一方の父は「リスクをとることを学べ」と言う。

 

持ち家にたいする考え方も違う

 一方の父は「この家は私たちにとって最大の投資であり、最大の資産だ」と言うのに対し、もう一方の父は「この家は負債だ。持ち家が自分にとって最大の投資だという人は大いに問題がある」と言う。

 

 

どちらの父が金持ちか

言葉によってはどの言葉が金持ち父さんの言葉か分かるものがある。

 

どれが金持ち父さんの言葉か知りたい人はぜひ本書を読んでほしい。

 

 

最後に

本書に書かれているように、著者は2人の父親によってお金についてずっと考えてきた。

 

ゆえに金持ちになれた。

 

お金と真摯に向き合うことで金持ちになれる。

 

日本人はお金が好きだけど表向きはそうではない。これではお金の話題も減る。

 

お金への意識を変え、お金に関する教育を幼いときからしてれば正しくお金と向き合える。

 

教育の在り方によって人生の選択肢はいくらでも増える。

 

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)