億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

人生の勝算ありますか-『人生の勝算』前田裕ニ

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

今回紹介する本はこちら!

 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

 

著者略歴

前田裕二(30):SHOWROOM 代表取締役

 

SHOEROOMとは、

 

  • 仮想ライブ空間
  • 人気アイドルやアーティスト、声優、スポーツ等の配信が無料で視聴できる
  • 誰でもすぐに生配信ができる
  • 夢を叶えたい人と応援する人が集まる
  • 双方向コミュニケーション

 

著者略歴

1987年東京生まれ。

 母子家庭で8歳のときに母親が死別。

 10歳離れた兄と転々とし親戚の家に帰って引き取られる。

 不遇を経験し自分でお金を稼ぎたいと思い、

小学生にしてアコースティックギターでストリート弾き語りで収入を稼いだ

 中学高校で反抗期反発期を経験し、早稲田大学に入学。

 外資投資銀行に入行しトップセールスに。

ニューヨークに出向し、そこでもトップセールスに。

 その後、0から1を創りたく起業を検討。

事業立ち上げについて、かつてから縁があったDeNAの役員に相談しDeNAで修行。

そして、SHOWROOMを設立。

 

 

『人生の勝算』について

著者・前田裕二氏のエッセイ&ビジネス書。

 

 

AKB秋元康氏との出会い

(プロローグより)

「秋元さん。僕は、ビジネスにも人生にも、勝算があります」

 

秋元康さんと出会った頃に、伝えた言葉です。僕の勝算は、ビジネスにとどまらない。僕は自分の人生に勝つ自信がある。

そんな、僕のような若造の言葉を受けて、秋元さんは、

「君の、根拠のない自信が好きだ」

と言いました。

以来、「人生の勝算」は僕が迷った時に立ち返る大事な考え方になってます。

 

 

感想

 自分と同い年の著者。

努力の差に圧倒され、自分も将来についてより一層考え、本当にやりたいことに熱中しようと思った。

 

著者の言う「自分の人生のコンパス」を見定め邁進していく。

 

情熱と努力次第で、人はどんな高みだって上っていける。自分の人生を通じて、これを証明してみせます。

前田裕二の「人生の勝算」は今、はっきり見えてます。

 

自分にも人生の勝算はある。

ただ、ボヤーっとしている。

より鮮明な人生の勝算にするべく、突っ走る、突き抜ける。

 

良い本に出会いました。

ありがとうございました。

 

 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

 

 

三菱UFJ、AIで既存社員をより専門化へ

f:id:furukichizm:20170922085042j:image

 

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

今回取り上げるニュースはこちら!

日本経済新聞

 

 

AIの進化とビジネス参入により人間の仕事が奪われると危惧されている。

そんななか、三菱フィナンシャル・グループはAIを積極的に導入するとともに、既存社員をよりクリエーティブな業務へ仕向けると発表した。

 

 

三菱UFJ、AI導入で自動化徹底へ

三菱UFJフィナンシャル・グループの平野社長は、9月19日に、新たな方針を打ち出した。

 

人工知能(AI)の導入などで徹底的に自動化を進めていく」

 

例えば住宅ローンの受付業務を完全に自動化。年間2500時間の労働量の削減につながるという。

 

国内の事務作業の自動化やデジタル化で「9500人相当の労働量の削減を実現したい」と明らかにした。人数は三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する規模だ。

 

 

世界経済な低成長や規制強化のなかで

 平野社長は労働量削減について話す前に、

「長期的な世界経済の低成長や規制強化で、金融業界の経営者は危機感を深めている」

と述べた。

 

また、

「一部の部署だけでなく、組織全体としてデジタル技術による経営改革に取り組み、既存業務を大幅に効率化する必要がある」

と話した。

 

最先端の技術革新への対応と既存業務の効率化を同時に進めていく必要性を強調した。

 

 

今後7年間で利益2000億円アップ

業務の大胆なデジタル化で大幅な利益アップが見込まれる。

増えた利益の内3分の2は業務プロセスの効率化によるものだとしている。

 

 

「浮く人材」の活用

特定の業務の担い手として採用した従業員を再教育し、他の仕事で能力を発揮してもらう。

ただ、社員の心理的な反発もあり、簡単ではない。

デジタル化でこういった社員への繊細な配慮も必要になる。

 

 

まとめ

人間とAIの共存は世界の永遠のテーマとなるだろう。

そのなかで今回の三菱UFJフィナンシャル・グループの発表は、人々にとって安心をもらたす。

また、AI導入により"浮いた時間"を人間をよりクリエイティブな発想に費やすことで、人間の更なる進化が期待出来る。

ただAIを生み出したのは人間だ。

AIに負けたくない。

AIには分からない問題を発見し解決していく能力が今後私たちにとって必要な能力となる。

 

AIが対話で旅先をオススメする新サービス『goo旅行』

f:id:furukichizm:20170920194056j:image

 

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

さて、今回紹介するニュースはこちら

AIが対話で旅行先をおすすめしてくれる新サービス、「goo旅行」で開始 - ケータイ Watch

 

 

「goo旅行」とは

さまざまな旅行サイトの情報を比較できる

スマートフォン、PC向けのウェブサービス

旅行比較サイト | 口コミを参考に料金を比較して予約 - goo旅行

 

 

「goo旅行」の新サービス

NTTレゾナントは、旅行比較サイト「goo旅行」で、AIがユーザーとの対話で気分を察しオススメの旅先を紹介するサービスを始めた。

 

「今の気分は?」でAIとの対話が始まり、AIがユーザーの気分を察して旅先の提案を行う。

 

旅行先が決まっていない人や、なんとなく旅行を考え始めた人に、選択肢を与え、選んでく方法や、自由に言葉を入力することでも利用できる。

 

このサービスは「gooのAI」の取り組みの一環。対話のデータベースのほかに、教えて!goo」「gooブログ」「goo地図」など複数のデータベースをディープラーニング(深層学習)により学習し、これまで取り扱ってきた旅行情報に、旬やトレンドも踏まえてプランが提示される。ユーザーは、気分や希望が反映された旅行先や、今まで気が付かなかった旅先やプランを発見できるとする。

 

 

gooのAI戦略

 gooはAIを活用する時代に向けて、gooのサービスすべてを対話型のインターフェイスにも対応させていく方針だ。

 また、自宅の家電などのコントロールにも対応し、対話形式で行えるようにする

 

対象は、

エアコンやテレビ、照明、センサー、スマートロック、スマートスピーカー。

 

驚くことに、

家族の自然な会話に入って、能動的に提案する“あうんの呼吸”でアクションを起こすAIになるという

 

 

有能な秘書、AI

gooのAIは、有能な秘書や友人をイメージ。

雑談してくれたり、最適な提案をしてくれるAIがイメージされている。

 

NTTレゾナント ポータルサービス部門長の鈴木基久氏は、

「音声はさておき、対話。すべてのサービスを対話型にしていく意気込み」

 

 

果たしてAIは対話で人間の心の機微をどこまで察することが出来るようになるだろうか。

AIの今後の進化に期待する。

 

 

AIで認知症予防-会話や表情で健康状態を分析

f:id:furukichizm:20170919223100j:image

 

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

さて、今回取り上げるニュースはこちら

www.news24.jp

 

AIで認知症予防が始まる

日本生命グループが高齢者見守りサービスを開発した。AIが高齢者と会話することで、会話の内容や話すときの表情などを分析。健康状態や認知症の予兆も発見できると発表した。

 

利用者にあった健康プログラムを提案

AIは一人ひとりにあったエクササイズや脳トレなどの健康増進プログラムを提案することが出来る。一日2回、15分ずつの実践を目指している。

 

利用者と施設スタッフの声

 利用者:「あー、(AIが)呼んでるからやろうかなって感じで。こういうものがあると毎日いいかなという気はします」


 施設スタッフ:「算数が得意だった方がちょっと計算を間違えたりとか、こういうのを使うことによって素早く察知できたとしたら、初期の大切な時期に適切な援助に入れるかなと思いました

 

 

介護職員不足と"治療より予防"

厚生労働省の試算では、2025年に介護職員が約38万人不足する
ニッセイ情報テクノロジー・林秀樹部長によると

高齢者の数は増えるんですけれども、介護になってる人が少ない社会をどれだけ作れるか。予兆をどれだけ早く察知するかにかかっていると思います」

AIで認知症の予防 会話や表情から健康状態を分析

 

 

まとめ

高齢化社会高齢者が健康であれば問題ない。

介護職員不足が不足するなか、如何に介護を必要とする人を減らすかが課題だ。

 

しかし、高齢者のコミュニケーション相手が人工知能高齢者の心の健康は維持できるのか。

ペットと触れ合うだけでも心が癒される。

人工知能は生き物ではない。生命が宿っていない。

 

身体の健康はAIに任せても、心の健康は人が管理する必要がある。

 

日本は世界でトップクラスの超高齢化社会に突入してる。

 

長寿化、健康寿命医師不足、看護師不足

高齢化、介護士不足、

少子化、保育士不足、

女性社会進出、男性家事育児参加

ワークライフバランス長時間労働、賃金低下

 

 

世界中が日本が少子高齢化社会にどう立ち向かうか注目してる。

 

 

こちらも併せて読んで頂きたい。

 

www.furukichizm.jp

 

 

www.furukichizm.jp

 

 

東京五輪、毎日会場観戦計画

f:id:furukichizm:20170918133331j:image

 

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

東京オリンピックへの思い

僕は東京が2020年オリンピック開催地に決定した2013年9月7日に、

2020年東京オリンピックは開会式から閉会式まで毎日会場で観戦する」

と心に決めた。

 

世界レベルの競技を間近で見れるドキドキ感。

世界中から人が集まるワクワク感。

 

おそらくの一生に一度の日本開催オリンピック。

 

見るぞ、行くぞ、住むぞ

 

 

東京移住計画 

オリンピック期間は2020年7月24日(開会式)から8月9日(閉会式)の約2週間。

 

毎日観戦するには東京近郊に住むのが必須。

 

現在、僕は静岡で会社員をしてる。

東京オリンピックを毎日会場で観戦となると東京近郊に移住することになる。

そして、会社を辞める。

 

2018年中には会社を辞めて東京に移住。2017年中にも可。

住む場所は国立競技場に近い新宿、代々木、渋谷近辺。

家賃を調べたら月10万円くらい。

 

稼ぐぞ、貯めるぞ、独立するぞ

 

 

中学のときの憧れ

 僕は幼いころから人見知りがなかった。

8歳のときにソフトボール少年団に入り、中学から高校まで野球をしてた。

部活動をしてると友達の父兄とも仲良くなるので大人への抵抗もなかった。

 

人としゃべるのが好きで、語るのも好き。

 

中学のときに

「世界中の人といろんな話をしたい」

こんな思いを抱いていた。

 

英語だけは授業と独学で真面目に勉強してきた。

 

 

大学生になって

海外旅行したい。世界一周の旅に出たい。

そんな思いを大学生のときに抱いてた。

 

しかし、一度も海外に行ってない。

 

「お金がない」

遊んでばかりいて節制や貯蓄する努力をしてない自分は、自分に言い訳してた。

 

 

社会人になって

「時間がない」

社会人になったら今度は時間を言い訳にしてた。

 

2013年7月に2020年東京オリンピックが決まった。

2020年東京オリンピックは開会式から閉会式まで毎日会場で観戦する」

と心に決めた。

でも「本当にできるのか?」頭の中ではこう思ってた。

 

「東京の知り合いは少ないし、みんな仕事だろうから一人で観戦するのもな」

また言い訳が始まった。

 

「お金がない、時間がない、人脈がいない」

 

心はやる気だけど頭がブレーキをかける。

この矛盾を消し去るためにはどうすれば良いか。

 

 

とにかくやる

心はやりたがってるけど頭がブレーキをかけるときは、考えてばかりで何もしてないのがほとんどだ。

 

2017年3月、こんなことを思った。

「俺は中学のときから海外に行きたいと思っているのに一度もパスポートすら作ってないじゃないか」

この矛盾に気づき、4月にはパスポートをゲット。海外旅行はこれからする。

 

これもブレーキを外したことになる。

目標にグッと近づいたのはたしか。

 

 

2020年東京オリンピックに向けて

 「2020年東京オリンピックは開会式から閉会式まで毎日会場で観戦する」

 これはもう決定事項。

 

「お金がない、時間がない、人脈がない」

ではなくて、

「お金をつくる、時間をつくる、人脈をつくる」

 

お金も時間も人脈ももらうものではなくて、

本来は自分でつくるのだ。

 

大学のときに、独立起業する、と決めてたのに、卒業してからずっと会社員。雇われ人。

この矛盾も解決する。

 

独立起業すれば時間もお金も解決する。解決させる。

 

2020年東京オリンピックは開会式から閉会式まで毎日会場で観戦する」

 

これは目標とか夢ではない。

 

当然あるべき姿

 

今年4月で30歳になった。

 

新たな道を歩む。

 

お金とは「信用」を数値化したもの-『お金はいつも正しい』堀江貴文

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

昨日のブログでの気づきを活かしたら、出だし絶好調な記事になりました。

 

昨日のブログ記事↓

www.furukichizm.jp

 

あと、「読者登録をしてくれた人には必ず読者登録返しをする」とも書きましたが、今日調べたら20人ほど読者登録返ししてませんでしたσ(^_^;)もちろん今日登録しました。ごめんなさい。

 

読者登録されてない方は連絡ください。

 

 

さて、今回紹介する本はこちら 

 

 

お金はいつも正しい (双葉文庫)

お金はいつも正しい (双葉文庫)

 

 

 いわずと知れたホリエモンこと堀江貴文氏の本。

お金の猛者のイメージがある堀江氏は、お金に真摯に向き合いお金の意味を深く理解していることが分かった。

 

前々から知ってたけど。

 

さて、いきなり核心に迫るが、

お金とはなにか。

 

ひとことで言えば、

お金とは「信用そのもの」を数値化したもの

 

この信用の意味については難しいので本書を読んでください。

 

少し触れると、まずお金が出来た経緯はこうだ。

 

もともとお金は社会におけるモノやサービスの価値を、フェアに交換するためのわかりやすい手段として開発されました。

最初は貝殻や金(きん) などがお金として使われましたが、モノやサービスの交換ができればいいので、もっと便利で持ち運びしやすい紙が代用品として使われることになりました。

 

かつては、物々交換で経済が回っていた。

欲しいものを手に入れるには相手が欲しいものをあげる。

 

しかし、牛一頭欲しい人が近所に頼みに行ったら「豚3頭と交換ね」とか「キャベツ3ヶ月分と交換ね」と言われたら、物品の交換がスムーズにいかない。

 

そこで国が管理する銀行が紙幣や硬貨を発行し代用品として使われることになった。

 

紙幣や硬貨は目に見える資産になった。

資産を奪われたくないため人々は銀行にお金を預ける。

 

インターネットの発展で電子商取引が盛んになり、

実際に紙幣や硬貨を受け渡ししなくても物を買えるようになった。

 

実物の紙幣や硬貨を交換しなくても、

インターネット上で銀行が管理している預金が増えたり減ったりする。

 

要は、ネット上の数字が増減するだけで実物の紙幣や硬貨が増減しているわけではない

 

それは銀行も同じで実際にお客様の預金総額の実物のお金を持っていなくても、持っていることになる。

 

それでも人々は、

「国が管理している銀行に行けばお金を引き出せる」

と信じ実体のないお金を預けるのだ。

 

つまり、

紙幣や硬貨は国や銀行への信用で成り立っている。

 

だからこそ、

お金は信用を集めた人に集まる

 

もちろんお金がない人は信用がないわけではないけど、一つの目安にもなる。

 

一方、お金の稼ぎはテクニックもいるのでお金=信用とも一概には言えないかも。

 

努力の信用って感じかな

 

この本ではそこまで書いてないけど僕はそう思った。

 

ただ、日本で生活している限り多くの人はお金がないわけではない。

お金がないのではなく今以上にお金が欲しいだけ。

 

昨日の記事でこのことを見直してくれると嬉しい。

 

www.furukichizm.jp

 

 

お金を語るのは難しいしリスクがある。

でもこのブログではそれをやっていく。

 

 

 

お金はいつも正しい (双葉文庫)

お金はいつも正しい (双葉文庫)

 

 

  

「私は幸せではない」と世界の飢餓人口8億1500万人に言えますか?

f:id:furukichizm:20170917200454j:image

 

こんにちは、億兆の世界探検家のふるきちです。

 

自分でブログ書いててこう言うのもなんだが、

 

このブログってなんだか単調だな

 

前々から薄々感じていたのだが原因がようやく分かった。

 

文章に「!」とか「☆」とか「\(^o^)/」がないからだ!!

 

多分!!

 

ところで、僕は基本的に自分から読者になることはないが、読者になってくれた方には必ず読者返しをしてる。

 

おかげさまでブログ開始1ヶ月半で読者数130人となった。

僕は130人全員、ブログ更新すると必ず読んでスターを付けている。

 

130人のブログを読んでて気づいたこと。

それは、

人気ブログは記事の構成(デザイン)がこっている!

 

よく考え時間掛けて記事を書いてるのがよく伝わる。

そしてなによりも、どの記事も明るい!

 

読者が楽しめるようよく工夫されてる。

ブログ作成ツールを使いこなせてる。

僕も、よく考え、よく勉強し、テクニックを磨いてこう。

 

ブロガーは技術職なんだなー

 

さて、今回取り上げるニュースはこちら

世界の飢餓人口、2016年は8億1500万人に TBS NEWS

 

国連が15日に発表した報告書によりますと、世界で慢性的な栄養不足に苦しむ人の数が、2016年に世界の総人口のおよそ11%に当たる推定8億1500万人となり、前の年を3800万人上回りました。

 

正直、今回のニュースは

「!」とか「☆」とか「\(^o^)/」

を使うような話題ではない。

 

僕たちは平和な国、日本、で生活してる。

そのためか"飢餓"という言葉がピンと来ない。

 

もちろん飢餓は貧しい国で起こってることは知っている。

でも8億1500万人いるとは知らなかった。

 

日本の人口が約1.2億人だとすると、

日本国7国分の人数が世界で飢餓に見舞われてる。

 

 全地球人が平等になることはない。

でも全地球人が平和になることは出来る。

 

そもそも平和とはなにか。

という命題は長くなるから今日は触れない。

でも、少し触れる。

 

平和とは心のあり方

気持ちしだいで誰もが平和になる。

 

しかし、

衣食足りて礼節を知る

が意味するように、

ある程度の生活が確保されないと相手を思いやれない。

 

死の危険を感じたとき、

隣の人に優しく出来るだろうか。

 

逆に、

心が平和な人は隣の人に優しく出来るだろうか。

 

幸せは個人で感じることも出来るし、

分け与えることも出来る。

 

 

お金持ちになったら幸せを分け与えよう。

 

でも良いけど、

 

幸せを分け与えることで幸せを感じよう。

 

今の日本人なら幸せを分け与える余裕がある。

 

余裕が無いと思ってる日本人は、日本人しか見てなく日本人と比べてるからだ。

 

日本で生活してるだけで幸せ。

 

飢餓に見舞われてる8億1500万人に、

「私は幸せではない」

と言えますか