億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。そして未来について考えるブログです。

ビジネス本

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』西野亮廣

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』西野亮廣 お金を稼ごうとすると、どこから手をつけていいのか迷うけど、信頼の面積を広げるという風に考えると霧が晴れる。 こんにちは、ふるきちです。 キングコング西野の名著中の名著。 斬新な切り口で多分野に進出し…

「考える前に動く」「動きながら考える」「とにかくやる」-『多動力』堀江貴文

『多動力』堀江貴文 ホリエモン氏の良書中の良書『多動力』 何回読んでも飽きない、何回読んでも新鮮。 中でも見出しのとおり、 「考える前に動く」「動きながら考える」「とにかくやる」 は頭と心にズバッと来た。 人間は良くも悪くも考える生き物だ。 しか…

今より10倍成果を出すには-『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』ピョートル・フェリークス・グジバチ

『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』ピョートル・フェリークス・グジバチ Googleで人材育成や組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍した著者。 よく企業などで「前年比20%アップするにはどうしたらいいか」などの課題が出てく…

『なぜあの人が話すと納得してしまうのか?』大森健巳

『なぜあの人が話すと納得してしまうのか?』大森健巳 政治家をはじめ、企業家、講演家、アナウンサー、セミナー講師に指導を行う著者。 近年流行した"win-win"という言葉がある。 これはお互いが勝って得する、という交渉術である。 しかし、この本に書かれ…

なぜ貧乏だとおもうのか?-『苫米地英人の金持ち脳 捨てることから幸せは始まる』苫米地英人

『苫米地英人の金持ち脳 捨てることから幸せは始まる』苫米地英人 欲しいものを買えないときに貧乏だと感じる人が多いだろう。 支出が収入が上回るわけだ。 しかし、本質的には「欲しいものを買うだけの能力がない自己評価」により貧乏だと感じるのだ。 だが…

「引き寄せの法則」使ってる?-『ザ・シークレット』ロンダ・バーン

『ザ・シークレット』ロンダ・バーン 思考は現実化する。 目標を達成したいならその目標を鮮明にイメージすること。 そして、そのイメージが今現在達成していると信じて疑わないこと。 脳はイメージしたことをしようとするから。 逆にマイナスなことは考えな…

全力を尽くすにも優先順位がある-『すごい手抜き』佐々木正悟

『すごい手抜き」佐々木正悟 完璧主義をやめる。 手を抜いたらどんな悲惨な結果になるか想定することで覚悟ができる。 しかし、人命が失われるような手抜きはしてはならない。 "全力を尽くすにも優先順位がある" 全てを完璧にはできない。 全てを完璧にしよ…