億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

大人たちは何かを私たちに隠している-『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司

 

 



 

「大人たちは何かを私たちに隠している」

 

一昨年に首都圏で開催した中学•高校生主催の討論会で女子中学生が発した言葉だ。

この言葉をきっかけに著者をこの本を執筆した。

 

少子高齢化問題。

子どもの人数の割に高齢者が多いから問題である。

しかし、子どもが少ないのは現高齢者が現役のときに子どもを3人以上つくってなかったからこのような状況になったのだ。

 

しかも現高齢者は高度経済成長期やバブルでお金が今よりも充分あった。

それなのに少子高齢化問題になるほどしか子どもをつくって来なかったのに、なぜ今の若い世代がその老人たちの社会保障費負担を現高齢者が現役だった頃より払わないといけないのだろうか。

 

高齢者が多くて介護医療費を賄えないのはその高齢者の自業自得ではないのだろうか。

 

高度経済成長もバブルも、人口も多く働き世代も多かったから成立した。

ベビーブームと言われるほど子どもを残してきた現高齢者の親世代のおかげだと感じる。

 

それなのに現高齢者は現役のときに収入が多くあり、それなのに子どもを残さず、いざ自分たちが老人になったら、介護よろしく。

 

今の若者に申し訳なくないのか。

 

なにかおかしくないか。