億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

億万長者はほぼ例外なく〇〇だ-『となりの億万長者 成功を生む7つの法則』トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ

こんにちは、夏まで減量筋トレして夏になったらリバウンドしつつある、ふるきちです。

 

今回取り上げる本はこちら。

 

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

 

 



 

アメリカの著者が1万人以上の億万長者にインタビューとアンケートをして、資産や年収、職業、消費行動のタイプを徹底的に調査した本である。

 

んで、結論からいえば億万長者になる秘訣はこれだ。

 

  1. 収入以上の生活をしない
  2. 資産形成のために時間を使う
  3. 世間体を気にしない
  4. 親からの援助に頼らない
  5. 経済的に自立するよう、子供たちを育てる
  6. 上手にビジネスチャンスをつかむ
  7. 時代にマッチした職業に就く

 

細かいことは本書に譲り、気になった文章を紹介

 

マスコミのせいで、若者の頭には「金ある人間は気前よく使う」「見せびらかさなければ、持っていないのと同じだ」といったメッセージが刷り込まれている。

テレビや新聞は、派手なライフスタイルの人がいなければ困るだろう。億万長者の質素な生活ぶりだけを報道していたら、テレビの視聴率や新聞の購読率はガタ落ちだ。

遮二無二働き、質素で地味な生活を送る億万長者は、少しもかっこよくないし、観察しても面白くない。宝くじに当たったり、クイズ番組で優勝して一夜にして金持ちになる人なら記事になる。だが、そんなことで金持ちになる人はほとんどいない。滅多にないことだからこそ、マスコミは書き立てるのだ。

 

 本書に再三何度も書かれているが、本当の金持ちは金持ちらしくない。

 

いわゆる「金持ちらしい」というのはよくテレビや雑誌に登場する、オシャレな服・靴・時計を身につけ、高級車に乗り、高級住宅街又は高層マンションに住んでいる人たちである。

 

いわゆる「金持ちらしい」人はメディアが視聴率稼ぎにピックアップして庶民に金持ち像を植え付けてるためのアイドルのようなものだ。

 

こういった人たちは億万長者のなかの極々一部であり、大半の金持ちは意外と身近にいる。

ただ、分からない気づかないだけなのだ。

 

本のタイトル『となり億万長者』とはこういうことである。

 

また、億万長者の大半の職業は珍しい職業ではなくありふれた仕事である。

このことに関してはこう書かれている。

 

最近フォーブス誌におもしろい書き出しで始まる記事が載っていた。

「目新しい事業ではなく、ありふれた業種で安定して成長を続けているたぐいの会社は、話題性には乏しいが、長期的には優れた投資対象となる。

 

話題に乗っかっていち早くやった人が億万長者になるのではなく、むしろ我々が普段見聞きする職業を長年続けた者が富を築くのだ。

 

 

最後に、ここまで読んでくださった方々に伝えたのは。

 

金持ちは、ほぼ例外なく

 

経営者

 

これは億万長者あるある。

 

このブログで何度も伝えてるように、サラリーマンでは億プレイヤーは夢のまた夢。

 

さあ、奴隷を卒業しよう!!

 

 

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則