億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

いつもお金の話をすることの有効性『お金持ちの教科書』加谷珪一

こんにちは、億兆の世界探検家のふるきちです。

 

今回紹介する本はこちら

 

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書

 

 

 

お金持ちになるには情報が命。

金持ちには金持ちのコミュニティがある。

 

そのコミュニティに入るにはどうすれば良いか。

 

お金に関する話題に多く触れるためのコツは簡単である。

自分がお金の話ばかりすれば良いのだ。もし相手がお金儲けに興味があったり、何かのネタを持っている場合にはすぐに心を開いていろいろと話をしてくるだろう。

 

類は友を呼ぶように、お金に興味がある人にはお金に興味がある人が集まる。

 

でも、

 

日本人はお金に対する嫌悪感が強く(実は、お金に執着心があることの裏返しなのだが)、お金に関する話題を切り出すことがためらわれる雰囲気がある。

 

自分からオープンにお金のことを話すことで相手の興味を引き出すのだ。

 

しかし、お金儲けの話が嫌な人もいる。

そういった人に出くわしたときはこう考えれば良い。

 

お金儲けの話ばかりしていると嫌な顔をされることもある。あまりいい気分ではないかもしれないが、それに対しては割り切りが必要だ。お金儲けの話を嫌悪する人のほとんどは、お金を持ってない。したがって、お金儲けをしようと思っているあなたには何のメリットももたらさない人物である可能性が高い。

 

つまりは、

いつもお金の話をすることの有効性は、

お金に縁のない人を排除して、

お金に関係ある人だけを選別することができることだ。

 

例えば、僕が誰かからゲートボールの話をされてもゲートボールに興味がないから話が盛り上がらない。ゲートボールの話をしてきた人もつまらないから僕にゲートボールの話をしてくることはもうない。

 

これは両者にとってメリットがある。

僕はゲートボールの話を聞かされるムダな時間を無くすことができ、相手はゲートボールの情報交換を出来る人を探す時間が出来る。

 

 お金を稼ぎたいのに黙ってるだけではお金持ちになれない。出来る限り多くのチャンスに出会い、掴みたい。

 

そのためには、いつもお金の話をすることが重要。

 

お金持ちになった人の多くは、積極的にお金に関する話題をし、チャンスに結びつけている。

 

自ら情報発信することがお金持ちコミュニティの仲間入りの近道なのだ。

 

僕もより多くの人とお金の話をしたいので、興味ある人は、コメント欄やブログの問い合わせフォーム、TwitterのDMに連絡ください!

 

億兆の世界の探検仲間、大募集です\(^o^)/

 

 

 

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書