億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

AIが対話で旅先をオススメする新サービス『goo旅行』

f:id:furukichizm:20170920194056j:image

 

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

さて、今回紹介するニュースはこちら

AIが対話で旅行先をおすすめしてくれる新サービス、「goo旅行」で開始 - ケータイ Watch

 

 

「goo旅行」とは

さまざまな旅行サイトの情報を比較できる

スマートフォン、PC向けのウェブサービス

旅行比較サイト | 口コミを参考に料金を比較して予約 - goo旅行

 

 

「goo旅行」の新サービス

NTTレゾナントは、旅行比較サイト「goo旅行」で、AIがユーザーとの対話で気分を察しオススメの旅先を紹介するサービスを始めた。

 

「今の気分は?」でAIとの対話が始まり、AIがユーザーの気分を察して旅先の提案を行う。

 

旅行先が決まっていない人や、なんとなく旅行を考え始めた人に、選択肢を与え、選んでく方法や、自由に言葉を入力することでも利用できる。

 

このサービスは「gooのAI」の取り組みの一環。対話のデータベースのほかに、教えて!goo」「gooブログ」「goo地図」など複数のデータベースをディープラーニング(深層学習)により学習し、これまで取り扱ってきた旅行情報に、旬やトレンドも踏まえてプランが提示される。ユーザーは、気分や希望が反映された旅行先や、今まで気が付かなかった旅先やプランを発見できるとする。

 

 

gooのAI戦略

 gooはAIを活用する時代に向けて、gooのサービスすべてを対話型のインターフェイスにも対応させていく方針だ。

 また、自宅の家電などのコントロールにも対応し、対話形式で行えるようにする

 

対象は、

エアコンやテレビ、照明、センサー、スマートロック、スマートスピーカー。

 

驚くことに、

家族の自然な会話に入って、能動的に提案する“あうんの呼吸”でアクションを起こすAIになるという

 

 

有能な秘書、AI

gooのAIは、有能な秘書や友人をイメージ。

雑談してくれたり、最適な提案をしてくれるAIがイメージされている。

 

NTTレゾナント ポータルサービス部門長の鈴木基久氏は、

「音声はさておき、対話。すべてのサービスを対話型にしていく意気込み」

 

 

果たしてAIは対話で人間の心の機微をどこまで察することが出来るようになるだろうか。

AIの今後の進化に期待する。