億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

人生の勝算ありますか-『人生の勝算』前田裕ニ

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

 

今回紹介する本はこちら!

 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

 

著者略歴

前田裕二(30):SHOWROOM 代表取締役

 

SHOEROOMとは、

 

  • 仮想ライブ空間
  • 人気アイドルやアーティスト、声優、スポーツ等の配信が無料で視聴できる
  • 誰でもすぐに生配信ができる
  • 夢を叶えたい人と応援する人が集まる
  • 双方向コミュニケーション

 

著者略歴

1987年東京生まれ。

 母子家庭で8歳のときに母親が死別。

 10歳離れた兄と転々とし親戚の家に帰って引き取られる。

 不遇を経験し自分でお金を稼ぎたいと思い、

小学生にしてアコースティックギターでストリート弾き語りで収入を稼いだ

 中学高校で反抗期反発期を経験し、早稲田大学に入学。

 外資投資銀行に入行しトップセールスに。

ニューヨークに出向し、そこでもトップセールスに。

 その後、0から1を創りたく起業を検討。

事業立ち上げについて、かつてから縁があったDeNAの役員に相談しDeNAで修行。

そして、SHOWROOMを設立。

 

 

『人生の勝算』について

著者・前田裕二氏のエッセイ&ビジネス書。

 

 

AKB秋元康氏との出会い

(プロローグより)

「秋元さん。僕は、ビジネスにも人生にも、勝算があります」

 

秋元康さんと出会った頃に、伝えた言葉です。僕の勝算は、ビジネスにとどまらない。僕は自分の人生に勝つ自信がある。

そんな、僕のような若造の言葉を受けて、秋元さんは、

「君の、根拠のない自信が好きだ」

と言いました。

以来、「人生の勝算」は僕が迷った時に立ち返る大事な考え方になってます。

 

 

感想

 自分と同い年の著者。

努力の差に圧倒され、自分も将来についてより一層考え、本当にやりたいことに熱中しようと思った。

 

著者の言う「自分の人生のコンパス」を見定め邁進していく。

 

情熱と努力次第で、人はどんな高みだって上っていける。自分の人生を通じて、これを証明してみせます。

前田裕二の「人生の勝算」は今、はっきり見えてます。

 

自分にも人生の勝算はある。

ただ、ボヤーっとしている。

より鮮明な人生の勝算にするべく、突っ走る、突き抜ける。

 

良い本に出会いました。

ありがとうございました。

 

 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)