億兆の世界

主に億兆に関する本やニュースの紹介です。ニュースはAI(人工知能)がメインです。そして未来について考えるブログです。

本当に今の若者は「乾けない世代」なのか-『モチベーション革命』尾原和啓

こんにちは!億兆の世界探検家☆ふるきちです\(^o^)/

 

今回紹介する本はこちら!

 

 

 

著者の紹介

尾原和啓(おはら かずひろ)

IT批評家・藤原投資顧問シニアアドバイザー

1970年生まれ。

京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。

マッキンゼー・アンド・カンパニーリクルートGoogle楽天などを経て現職。

インドネシア・バリ島在住。

 

 

本当に「乾けない世代」なのか

この本との出会いはTwitterでフォローしてる人のつぶやきで勧めていたことだ。

 

ブクマで購入し読んでみたが、表紙の袖に書いてある文言に疑問を持った。

 

正直、この手の若者を小馬鹿にした見方は嫌いだ。

 

なぜ、 あなたは稼ぐために頑張れないのか?

あなたは「上の世代」と違い、生まれたころから何もかもが揃っていたので、金や物や地位などのために頑張ることができません。

埋めるべき空白が、そもそもない「乾けない世代」なのです。

しかし、仕事がなくなっていく時代には、この「乾けない世代」こそが希望になります。

 

 

確かに我々若者世代はモノが豊かな時代に生まれた。上の世代よりも恵まれた環境で育ったと思う。

 

だがしかし、

「金や物や地位などのために頑張ることができません

 この文言は間違っている。

 

自分の周りには

「お金がほしい」

「良い車が欲しい」

「偉くなりたい」

「従うだけの人間になりたくない」

と言って、努力してる人がたくさんいる。

 

むしろ大多数の人が"埋めるべき空白"を埋めるべく努力している。

 

それが"上の世代"に伝わってないのか。

 

ホリエモンキングコング西野も各著書で若者論を述べてるがこちらのほうが印象が良い。

年上世代の若かりし頃よりも、今の若者のほうが前向きで可能性があると言っている。

 

 

おわりに より

著者は日本の若者に絶望してた。

 

それでも従来の生き方とは違う生き方をすれば未来がある、と言っている。

 

その生き方はこのブログで散々述べている。

 

それは、

 

自分が好きなことを夢中になってやり、共通の趣味を持つ人とSNSなどで繋がり情報発信をしていく。そうすれば自分を必要とする人が現れ噂が噂を呼び、自分の価値がある。

 

とにかく、好きなこと続けてやってく!

 

このブログを通して、もう自分のあるべき姿が見えてきた。

 

将来が楽しみで仕方がない。

ワクワクするぜ。